様々な職業の人

保育士に転身したいなら求人情報誌をチェックしよう

レディ

住まいと仕事の両方を得る

東京以外の地域で暮らしている人が都内に仕事を求める場合、住み込み求人に当たってみましょう。一から住まいを探す手間が省けます。また住み込み求人の中には水道光熱費が無料になる場所もありますので、貯金を貯めたい方にとってお勧めです。

婦人

業務内容を確認します

貿易事務の仕事は、貿易という特殊な流れを有しているため、予め業務内容を確認して就業する事も必要になります。貿易事務を希望する人の能力によっては、条件をクリアできる場面も多くなります。派遣社員として、あるいは正社員として勤務するなどで企業の選択も可能です。

背広の人

特殊な雇用で自由度が高い

勤務先と雇用契約を結ぶのではなく、自分と派遣会社と契約を結んで出向することになる雇用形態は、勤務時間や休日の相談ができ、残業も起こらないのが特徴です。資格とスキルがあっても時間がないという主婦など、福岡で仕事を探すのが困難な人ほど人気が高い雇用形態となっています。

保育に関わる仕事を選ぶ

保育園

保育園以外にも需要がある

保育士として働くために求人に応募する際、まず大きなポイントとなるのはその保育園が公立か私立かという点です。公立保育園の場合、運営母体は地方自治体であり、そこで働く保育士は地方公務員となります。一方、私立の場合は社会福祉法人等の団体職員または民間企業の社員となります。給与水準や福利厚生については個々の施設によってまちまちですが、基本的に公立は毎年昇給があります。そのため、勤続年数が長くなるほど給与が高くなる傾向にあります。勤務形態については、私立の方が比較的バリエーションが豊富です。これは、利用者のニーズに合わせて早朝保育や夜間保育などのサービスを行っている保育園が多いためで、保育士にも早番勤務と遅番勤務の2種類があります。シフト制を敷いているところが多いですが、どちらか一方を選べる職場もあります。また、パートタイムの保育士に対する求人も比較的多くあります。求人を選ぶ際のポイントはもう1つあります。それは、保育園か保育園以外の施設かという点です。保育園以外にも保育士のニーズは多く、さまざまな求人が寄せられます。具体的には、デパートやショッピングモールの託児施設、歯科医院のキッズルーム、ベビーシッターの派遣会社などがこれに当たります。また、最近増えているのが施設内保育です。これは、学校・病院・工場・オフィス内などに保育施設を設け、そこで働く人の子供を就業時間の間だけ預かるというものです。小規模のため設備が十分に整っていないところもありますが、残業や休日出勤がほとんどないという特徴があります。